レーシックの合併症や後遺症について

レーシックには後遺症がある

レーシックには、後遺症や合併症があると、いうことはすでに知っている方もおられるでしょう。しかし、いくつかあるレーシックの手術方法の中でも、最新の手術方法であるイントラレーシックであれば、レーシックの後遺症は気にならない程度だと言われています。

また、角膜に手術を施すレーシックですが、角膜を削るエキシマレーザーの照射の技術も、以前に比べてかなり向上していることから、後遺症の発生も可能性があるとい程度となっているようです。

レーシックの後遺症には、個人差があります。しかし、レーシックの手術方法もいくつかあり、そのレーシックを受けるかによっても、後遺症の発生のレベルが異なっているようです。

ですから、比較的後遺症の少ない、自分にあったレーシックの手術方法を選ぶことで、後遺症の度合いを軽減させることができるのではないでしょうか。

おきやすいレーシックの後遺症

レーシックの手術を受けた場合、おきやすい後遺症には、手術後、目が乾燥しやすくなるドライアイがあります。

これは、レーシックの手術では、フラップをつくるのですが、この際角膜にある神経を切断することからおこる症状です。

ですから、ある程度このドライアイは起こってしまう後遺症です。また、この症状は、個人差がありますが手術後2~3ヶ月ほどつづくといわれています。

しかし、レーシックの中でも、PRKやラセック、エピレーシックといった手術方法では、フラップを作成する時に、従来型レーシックのように、厚いフラップをつくらないため、角膜の実質部分の神経を切断はしない方法となっています。

そのため、ドライアイにはならないようです。

矯正不足と過矯正

レーシックの手術後の後遺症には、矯正不足や過矯正という後遺症が起きる可能性もあります。

矯正不足とは、目標の視力にまで回復せず、過矯正とは、視力が出すぎてしまうことです。
しかし、レーザーの照射技術も向上していることから、このようなレーシックの後遺症や合併症も徐々になくなっていくと考えられています。

また、屈折のもどりという後遺症もあります。これは、手術後しばらくは良く見えていた視力が、時間の経過につれて視力がもどっていく、という後遺症です。

この後遺症は、手術前の度が強かった人ほど、屈折の戻りがおきやすいといわれています。しかし、完全に手術前の視力にまで、もどることはないといわれています。

レーシックの手術を受けた後は、後遺症や合併症があるということを、しっかりと認識しておき、ゆっくりと経過を見守り、手術後の定期健診はしっかりと受けることが大切です。