レーザーとは

元々は「金属を切断する」とかいう方面で活躍していたレーザー光ですが、最近ではたとえば「脱毛」や「しみ除去」などといった美容の方にも大きく進出しています。さらに、レーシックでは「エキシマレーザー」というレーザー光が使われています。

このような工業用レーザー、美容のレーザー、医療用のレーザーと、レーザーと一言にいっても様々な種類があるのです。

レーザー光の特徴

通常、人が目にしている「光」は様々な波長の光がよりあつまっているものです。レーザー光は、人工的に光をふるいにかけ、特定の波長の光にそろえることで、同じ方向に同じ波長で進んでいく性質をもたせています。

○まっすぐ進む
○エネルギーが強い

というのがレーザー光の主な特徴と言えます。拡散しづらいため、エネルギーを一点に集中させることができ、その力を使って工業・美容・医療など多くの分野で利用されています。

エキシマレーザーとは

レーザーは光の波長を「そろえて」作り出された光ですが、この時に何を使って「そろえる」かによって、違ったレーザー光が生まれます。

例えば、しみ除去に多く使われているのはルビーレーザーで、これは人造ルビーの結晶を通して光をそろえています。エキシマレーザーでは、希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いて光を一定にそろえます。

エキシマレーザーの特徴

レーザー光の中では波長が長く、エネルギーが低いため、人の組織にあててもほとんど熱を生じません。そのため、組織にダメージを与えずに切開などが行えるのが特徴です。

始めは、白内障の治療のために開発されたレーザーです。今ではレーシック手術に多く用いられていますが、照射された光はほぼ角膜に吸収されるため、周囲の組織へのダメージもほとんどないと言われています。